おすすめ投稿

安心サイトを見分ける。

私が利用しているサイトを紹介します。下記は、

  • 完全無料である。
  • 不正請求がない。
  • フリーメールが使える。
  • アドレスが悪用されない。
  • 退会の仕方がわかりやすい。
  • きちんと会社情報が載っている。

などの条件を満たしたサイトです。ほかにも、そういったサイトはたくさんあるので、各種ランキングサイトでご覧ください。



出会い系サイトで人妻をゲットし、お尻の穴まで舐めちゃいました。

人妻と出会ってエッチしたいのなら、変態メールがおススメ!

だって、ナンパとかしても、人妻でである確率は低い上に、エッチまで持っていくまでに相当な時間とエネルギーが必要になると思います。

私自身も、以前は、ナンパで人妻と出会い、エッチまでしたことがありますが、どれだけの女性と話し、人妻と確認し、そして、メアドを交換し、再度出会って、エッチまでするのに大変な労力を要していました。

でも、出会い系サイトだと、その労力が軽減されるのです。

それは、変態メールに登録している人妻は、エッチに関して好奇心と言いますか、要するにエッチしたい!方が登録しているわけで、そうなると、エッチまでの過程が、ナンパよりもショートカットできることになるのです。

2週間前、私、人妻とエッチしちゃいました。

出会い系サイトの変態メールを利用して。

掲示板で、『今日は、午前中は、洗濯オンリー、夕方からは、旦那のご飯の用意しないと。それまでの時間は、のんびりしようかな。』という人妻らしい内容が書かれている方にメールを送ったら、返事が来たのです。

メールの内容は、『夕方まで、暇なの。どっか行かない?』と。

さすが、出会い系サイトは、展開が早いと思いました。

もちろん、OKとメールし、待ち合わせ場所を決めて、ウキウキ気分で出かける私。

待ち合わせ場所にいた人妻は、29歳で、結婚歴2年、子供はなしのA子さんでした。

A子さんは、目がパッチリして、明るい方で、こんな方が、出会い系サイトに登録しているんだと思い、
ワクワクメールさんに感謝しましたね。

とりあえず、喫茶店に行き、お互いの話をしてから、街をブラブラしました。

そして、A子さんが好きなお店があったので、そのお店により、ペンダントをプレゼント!

A子さん、とっても喜んでくれました。

そして、A子さんが見たいと要望した映画を見て、終わった時間が、午後3時。

A子さんが帰るまで残り2時間しかありませんので、ダメ元で、ホテルに行こうと誘うとスンナリOK!

最近、旦那がエッチしてくれないのとペンダントのお礼だそうです。

旦那さん、A子さんとエッチしないでいて、ありがとう!と心の中で思ってしまいました。

ラブホテル街に行き、部屋に入り、お互いに服を脱ぐことに。

A子さんの下着は、赤で、しかも、パンティーは、スケスケだったの、とてもエロかったで、お互い下着姿のままキスをしちゃいました。

そして、私の右手をA子さんのパンティーを触ると同時に、A子さんも、私の膨らんだパンツに触りはじめたのです。

さらに、A子さんは、パンツの中に手を入れ、お〇んぽを握り、『こんなに大きくなってる。』と言ったのです。

これに興奮した私は、A子さんをベッドに押し倒し、下着を脱がして、A子さんの体を舐めまくりました。

『あああ!いい!』と声を上げたA子さん。

その声に反応した私は、彼女のお〇んこに顔を埋め、クリトリスを吸うように舐めると『アアア、たまんない。もっと吸って!!』と言ってきたのです。

さらに、その行為をし続けると『アアアア、いっちゃう!!いく!!』と絶頂感へ。

その後、69となり、お互いのものを舐めあいました。

A子さんは、竿だではなく、袋、そしてお尻の穴まで舐めてくれたので、私も負けじとA子さんの綺麗なお尻の穴を舐めると『恥ずかしいから、やめて!』と言ってきましたが、無視して、舐めまくりました。

A子さんのお〇んことお尻が、私の唾液でべとべとになった頃、A子さんから『もう、我慢できない!入れて!』と哀願されたので、

ピンク色のA子さんのお〇んこに私のお〇んぽを入れると。。。

『イイ!!たまんない!!旦那よりも大きい!!』と言ってくれたのです。

その『旦那よりも大きい。』という言葉にすごく反応した私は、『ご主人よりも大きい?』と再度聞いたら『ほんとよ。旦那よりも大きいし、硬いの。ああ!いい!!』と言ってくれたので、ますます気をよくした私は、ガンガンに腰を動かし続けました。

騎乗位の体制となると、彼女は、私のお〇んぽを奥まで入れるように、足をM字型にすると、『あ~。奥まで入る。奥まで!!』と声を上げ、すべてのお〇んぽがA子さんのお〇んこに収納されると、『はぁ~。子宮まであたりそう!!』と言って、ゆっくり腰を動かし始めると、徐々に動きを速め、自分の世界にいってしまうA子さん。

『あっ、あっ、イイ、凄くイイ、もうダメかも。いっちゃう~。』と言って、絶頂感へ。

そして、私も我慢できなくなったので、正常位に戻り、彼女の胸に精液を出してしまいました。

終わった後、A子さんから『とても、良かった。また会いたいね。』と言われ、旦那の夕食を作るために、帰っていきました。

その後も、A子さんとは、定期的に会っています。

出会い系サイトがあることで、連絡が取りやすいので、ホント、助かります。

割り切り人妻を使って人妻と会うこと

私はよく割り切り人妻を使って人妻とやりとりをするようにしています。昔はこれでメールを用いてやりとりをしていても相手は自分が結婚している事を隠していたものですが最近ではわざわざ人妻ということをアピールするかのようにメールをしてきます。それは人妻と言う言葉を聞くと男性は興奮して寄ってくるように思っているのかもしれません。

 
しかし私はその人妻という言葉を聞いてすぐに返事をするのではなく、あくまで年齢とその人の住んでる地域とを考えて連絡を取るようにしています。なぜならば人妻で1番気をつけなければならないのはパートナーがいるということと、その中には子供が大きいひともいると言うことです。

 
つまりどういう具合に夫なりと出会うかもしれないのでその点は非常に神経を使わなければなりません。特に女性の方が人妻と言っても若い場合は別れて再婚してくれと言われる可能性もあります。一方である程度歳を重ねた人妻の場合は夫と性的な関係がないので、自分に体を求めてくる場合でも尋常ではないぐらい激しさを増していることがあります。

 
そこで私は人妻にいろいろ質問したりある程度メールでやり取りをしてそのひとと気があうことが分かればあうようにしています。もちろん相手もこれからどういうことをするかを知っているので、あった瞬間にホテルに行くことも可能です。

 

しかし私はあえて人妻と出会ってホテルに行くと言わずじらします。 彼女たちはなぜならば出会ってすぐにホテルにいき、セックスをして早く家に戻らなければいけないという意識があります。それをかえってじらすことによって彼女たちの性的興奮を最高潮にさせるようにするのです。そうすれば彼女たちが本当に短時間で絶頂に達することも可能なのです。

 

人妻たちと出会ってセックスをしたいならば何と言ってもじらしが1番効果的です。つまり相手は体の満足を1番に考えているわけですからその満足を満たしてやることがいちばんいいのです。そのためにはしっかりとじらして出来る限り彼女たちが求める体位を叶えてあげれば次回もまた会いたいという形に持っていくのが私の持っていき方です。

 
男性の場合はすぐに体を求めるのが普通かもしれませんが少し時間をかけてじらすことが実は長続きする秘訣なのです。また仮に再会する場合でもすぐにあうのではなく1ヶ月ぐらいあけることが良いように感じます。あまり頻繁に会うと相手の旦那もあやしむことにもなりますし彼女の性的要求を完全に満たししまうと飽きてしまうことになってしまうからです。

割りきり人妻で出会ったスケベな熟女さん

割り切り人妻を使い40代の熟女さんと大人の出会いをしました。

40代という年代だけで敬遠される方もいらっしゃる方もいるかもしれないですが、30代後半~40代後半ぐらいの年代の女性が一番脂がのっていて美味しいと思います。

実際会ってみると、多少手や顔にシワはあるものの、体全体の肌のハリはまだまだ現役な方が多いです。

地元から少し離れた場所で待ち合わせしたので知り合いに見つかる心配はありませんでした。

一度勤務先の近くで出会ったときに、通りを歩いているところを同じところで働いている人にたまたま見られてしまい冷や汗をかきながら取り繕った経験があります。

そのときは一人で助かったのですが、出会い系を使って待ち合わせをしたときはなるべく目立たないように素早くホテルに入るようにしています。

今回はバツイチの方との出会いだったので問題はなかったのですが、既婚でも素性を隠して割り切りで不倫エッチを希望する人妻・熟女さんが割り切り人妻にはわんさかいるので身バレには注意が必要です。

さて、目当ての熟女さんは10分ほど到着場所に遅れてきましたが、素直に謝ってくれてホテルまで手を繋ぎながら歩きました。

ホテルに入ってすぐは他愛もない話をします。今日は暑いとか寒いとか、最近忙しいとかそんな感じのことです。

そして、お互いに向かい合いながら服を脱ぎます。見られるのが嫌いな方もいますが、熟女の方(特に結婚経験者)は一緒に服を脱ぐのを楽しんでいるように思います。

一緒にシャワーを浴び、自分のものも手で洗ってくれます。この時から熟女さんは甘い声を出し始めて我慢できないご様子でした。

ベッドに先に入って待っていると、熟女さんが体に巻いていたタオルをはだけながら攻めてくれました。

こちらからもお返しをしてあげると、色んなところに性感帯があるようでどこを攻めても喘いでくれます。その後の本番はとても気持ちよかったです。

この年代の方は体はまだまだ現役バリバリなのでテクニックが拙くても喜んでくれるのでセックスのやりがいがあります。

エッチなマッサージを経験しちゃいました!

最近よく見るエロDVDがマッサージ系がおおかったので、そんな方がいないかなと思い割り切り人妻でお相手探しをしました。

プロフィールでキレイな方があらっしゃるなぁと思い、思いきって 40歳のすずさんにメールを入れてみました。

仕事をされているようで平日なかなか連絡がとれなかったのですが、少しメールは続けていたのですが、とある日、少しだけ時間がとれるのでお会いしませんか?とメッセージをいただいたので急遽アポイントをとることができました。

お仕事がなんとマッサージ師だということで、個人的にマッサージしてくれるとのこと。もちろん通常マッサージと聞いていながらもエロいことばかりを思いながら、息子を入念に洗って待ちました。

しばらくすると、すずさんが到着しました。すずさんは、ロングヘアーの黒髪で、いかにもセレブといった感じでした。スレンダーでありながら、おっぱいやお尻など、出るとこは出てるといった姿に興奮してしまいました。

ほどなくして、早速マッサージをしてくれました。もってきてもらったアロマの香りがとても癒されました。 マッサージ自体はじめてだったので、気持ちよさに眠ってしまうところでした(笑)

そして、次に仰向けになった瞬間、ずずさんの豊満なおっぱいが僕の息子に何度か触れてきました。我慢できず勃起してきたところ、すずさんのほうからアツいディープキスをしてきてくれました。

これはイケると思い、軽くお尻をお触りしたのですが、特に拒否することもなかったので、ほどなくしてから逆マッサージをしますといって攻守交代しちゃいました。

服の中からはでかパイがむき出しに。40歳にしてはハリのあるおっぱいを揉みながら、そのままオイルを使って濡れたおマンコにもしっかりと塗り手繰り、すずさんのグチョグチョおマンコに挿入しました。さすが経験豊富だけあって腰使いが半端なく、思わず一発ヌかれてしまいました。

そして、どうやらまだまだしたかったらしく、イッたばかりの息子をきれいにお口でなめ回しながら即座に二回戦に突入していきました。

最後はどうしてもキレイなお顔にぼくのチンポを含んでもらいながら動画が取りたくて、口内発射動画を取らせてもらいました。はじめてのハメ撮りだったので二回戦にしてはすごい量の精液が出ました。

おわった後、すずさん手作りのアロマキャンドルをたきながら少し休みながらイチャイチャしました。 まさに人妻の魅力といえば癒し系といったところではないでしょうか。

時に40代は仕事も子育ても旦那との関係も一段落しつつ、アグレッシブで積極的な女性が多いように思います。特にすずさんのようにキレイな方でも自分が若いというだけで相手にしてくれるから、オススメかもしれません。

今回もすごく癒されたいい思いを割り切り人妻ですることができました。 次はいつマッサージしてくれますか?とすずさんからお願いメールがひっきりなしに来ます。次はいつヤろうかな。

半年前のことですが…わたしの出会い系史上、もっとも印象的な出会いがありました

彼女と知り合ったのは割り切り人妻を通じてでした。

12月に入ったまもない頃で、出会い系のサイトにある女性たちのプロフィールはみな、「寒くて淋しい日には、誰かに温めて欲しい」というメッセージであふれていました。

彼女もそんな淋しい想いを抱えた40歳を過ぎた女性のひとりでした。

私の出したメールが気に入ってくれて、返事をもらうことができました。

最初のメールは「はじめまして。なんだか照れますね」などという、中学生のような会話から始まりました。

彼女は結婚をしていましたが、仕事で忙しい夫にはかまってもらえず、淋しい日々を送っているということでした。

すぐに会う約束をしてセックスを楽しむ男女もいるようですが、きっと彼女は心の淋しさを癒して欲しいという気持ちが強いのだろうと思い、セックスとは無関係の色気のないメールのやり取りが続きました。

私もセックスだけが目的、という思いもなかったので、彼女との無邪気なメールのやり取りを純粋に楽しむようになっていました。

それが良かったように思います。

「今、何してるの?」という私の問いかけに、「お風呂から出てきて髪の毛乾かしてる」という返事。

「お風呂はどこから洗う?」

「う~~、ひ・み・つ」

恥かしいくらい中学生のような会話です。

まったくいい歳をしたオッサンが「どこから洗う」もないものです。

何日かメールだけのやり取りが続きました。

そのうち、彼女から「会ってみたいな」と言ってきました。もちろん、こちらとしては大喜びです。

「いつなら大丈夫?」

「え~と、クリスマスイブの昼間なら。夜はダメだけど、昼間なら時間が取れるから・・・」

クリスマスイブ! なにかいいことが起こりそうで期待に胸がふくらみました。

一緒にランチをすることになりました。

当然、前日にクリスマスプレゼントを用意しておきました。

待ち合わせ場所の新宿駅の改札で待っていると、写真で見た彼女の姿が見えました。

私が会釈をすると私のことがわかったようで、彼女も会釈を返してくれました。

小柄で小さくて、写真よりずっと可愛い女性でした。

事前に予約しておいたレストランへと一緒に並んで向かいました。

レストランでの食事は美味しく、すでにメールで互いのことがわかっていたので、会話も楽しくお喋りができました。

レストランを出て、彼女の手を握ると、えっ! という顔をしましたが、すぐにニコリと笑い、手を握ったままにしてくれました。

足は自然にホテル街へと向かいます。

ホテルの前にして「いい?」と聞くと、またニコリと笑顔で応えてくれました。

幸い、クリスマスイブとはいえ、昼間ではホテルはまだ空き室があり、待つことなく部屋に入ることができました。

部屋に入ってすぐにキス。彼女は嫌がらずにむしろ、彼女の方から激しく求めてきました。

「我慢できなかった?」と言うと、「だって」と恥かしがります。

そんなところも可愛くて何度も何度もキスを交わしました。やがて彼女の息が荒くなりました。

スカートをめくり、下着の中に指を入れると。そこはぐっちょりと濡れていました。

彼女の服を脱がしベッドに押し倒しました。

私にはクリスマスイブの奇跡のように一日でした。

人妻と会う方法まとめ

私も数年間、こうして出会い系で人妻さんと遊んできてある程度のことがわかってきました。

やっぱり大事なのは、女性として扱ってあげることですね。
結婚して子供が生まれて家にこもりっきり…そうなると、自分が女性であることを忘れてしまいがちです。
旦那からはもはや異性として見られておらず、外へ出ても○○ちゃんのお母さんという扱い。
そういった生活に不満のある人妻が、出会い系へと登録するわけですね。

なら話は早いってものです。相手が求めているのを、こちらはわかっているんですから。
過剰なまでに女性扱いをしてあげればいいのです。
わざとらしいくらいでいいのですよ。相手も悪い気持ちはしないどころか、まんまとハマってくれるのですから。

実際に誘うときはどうしたらいいのか?

実際に誘うときはどうしたらいいのか?

まずはどのへんに住んでいるのか聞きましょう。

そしてあなたがその場所に詳しいのなら、その場所の情報で盛り上がりましょう。

「ぼくも○○に行ったことがあるよ。あそこはご飯が美味しいね」

みたいなかんじですね。

よく知らない場所なら、どんな場所か、どんなお店があるかを聞きましょう。

そのうえで、その場所に一緒に行こうと言ってみましょう。

その他、結婚している女性なら、最近の夫婦仲を聞きましょう。

出会い系に参加している女性なんて大抵は夫婦仲が悪いので、一緒にストレスを発散するように誘いましょう。